緊張するということ

PRADA プラダ サフィアーノ マネークリップ カードケース グレー
テニスに限らないでしょうが、『試合ではなんか緊張して普段通りにできなかった』『絶対勝てそうな相手だったのに・・・』。
よくあることですよね。
なぜ人は緊張するのでしょうか?
和・骨董の豆皿4枚セット
ある程度テニスが技術的に上手い人を対象に
ほかの人の考えとかnet情報tennis oneなどから見聞きし私なりにまとめてみました。

(なぜ人は緊張するのか?)
Y's ワイドパンツ/バルーンパンツ 【ヨウジヤマモト】
GUCCI パスポートケース
東京マルイ 倍率可変スコープ マウントリング付き
・ネットにかかったらどうしよう、バックアウトしたらどうしよう、サーブが入らなかったらどうしよう(不安)
こんなところでしょうか。

(緊張すると、なぜ力が発揮できないのでしょうか)
・筋肉が萎縮してしまいうまくボールが飛ばない
・とにかく相手のコートに返すだけで精いっぱいになる
こんなところでしょうか?

アフタヌーンティー水筒
ここからは受け売りになりますが、
【激レア】オモシーチャンネル山田蓮着用!レッドブルゾン ※類似商品
(新品)スタバ タンブラー&トートバック
新品未使用 プチバトー 36m 長袖ボディ 3枚組 乗り物 車
どんなスポーツにも共通することでしょう。
特にテニスはボールのスピードが速く、ラケットにボールが載っている時間は1/100秒単位でしょう。もともと素人ではできない「技」が必要なスポーツです。集中しないとできません。考えながらできるスポーツではありません。ほかのことを考えている暇はないのです。

いくら、普段の練習で上手く、つまり技術力が高くても(技)、試合で集中力がなく意識が散漫(心)になっていると試合で負ける状況が生まれます。

途中まで勝っていても、『これなら楽勝だ』と思ったところから(集中力がそがれ)逆転され結局負けてしまうことは全てのプレーヤーが経験するところです

心が「勝てる」という違う(無駄な)ことに動き、「目の前のボールを集中して打つ」という大事な行動や意識が阻害されるということです。

多肉植物【韓国苗よりどり18種】ベリー
248 Passing Eye ウール コート ロング アンゴラ100 黒 XL

最初に言った、『初めて対戦する相手なので相手が強いか弱いかわからず不安』などの、テニスでは無駄な「不安」からくる「緊張」は、「目の前のボールを集中して打つ」という大事な集中力が阻害されます。

また、本来技術的に難しいスポーツなので、技術的ミスはつきものです。
サーブが入らなかったらどうしよう、などと考えず、
アニエスベー アダムロペ コラボ 希少カラー オレンジ

「運がいい人」になるための小さな習慣 世界の成功者が実践するたった1分のルール

ノートパソコン 週末価格